女性にとって大敵とも言えるムダ毛は、さまざまな恥ずかしいエピソードをもたらす存在です。今回はそんな彼女たちが苦悩している「ムダ毛あるある」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

剃り残し

カミソリを使ったムダ毛処理で最も多いあるあるは、「一部分だけ剃り残してしまった」というエピソードです。綺麗な手足の一部に剛毛が残ってしまうと、全く処理をしていない人以上に恥ずかしい状態となってしまいます。

剃り残しに気付いた場所が勤務先の場合は、「会社のトイレで毛を抜く」という何とも斬新なムダ毛処理しか対処法がないようです。

このようなエピソードから考えても、カミソリやシェーバーを使って自己処理をしている人は、なるべく毛抜きを持ち歩いて、剃り残しのフォローができる準備をしておいた方が良いと言えるでしょう。

ストッキングから剛毛がツンツン

大事なデートの前日にカミソリや除毛クリームで処理したムダ毛は、翌日の夕方ぐらいには伸びてしまい、ストッキングから飛び出てしまうケースも多いとされています。

そのストッキングが白や肌色だった場合は、「白地に黒いポツポツ」という形で明らかにおかしな状態になってしまうため、注意が必要です。

毛の成長が早い人は半日程度でこのトラブルが起こりますので、時間を計算して除毛を行うか、新たな毛を生えにくくする光脱毛を行うことをおすすめします。

ムダ毛処理の光景を見られてしまう

大事な彼とのお泊り中にムダ毛処理をしている光景を見られてしまい、気まずい雰囲気になってしまうカップルも非常に多いとされています。

毎日の習慣と考えれば、デート先で処理するのも普通かもしれませんが、男性からすれば「それはちょっと・・」と引いてしまうシーンであることを知り、なるべく隠す努力をしてください。

女性のエチケットという意味でも、ひと前でムダ毛処理をするのはおすすめできません。

まとめ

女性特有の「ムダ毛あるあるエピソード」を3つご紹介しました。自己処理をしている皆さんは、デートや仕事中でもムダ毛のことを考え、いろんな意味でナーバスになっていると言えそうです。

このような悩みを解消するには、光脱毛を行っているサロンの利用がおすすめです。誰にも気づかれない配慮をしているサロンも急増中ですので、堂々と生足を出すためにも、お試しキャンペーンからチャレンジしてみましょう。