最近はキャンペーンを行っている脱毛サロンが増えてきましたね。キャンペーンの初回限定コースを受けている間に他の部位の脱毛したくなり、勢いで契約してしまうことはよくあることです。

もしくはスタッフの勧誘に負けてしまい、しぶしぶ契約を進めてしまったという方もいるでしょう。

しかし、自宅に戻ってよくよく考えてみると料金の支払いが困難だったり、他にも安い脱毛サロンを見つけてしまい、そのお店で脱毛をしたいと思うかもしれません。

そこで今回は、すでにお店で契約してしまったコースをキャンセルできるのかについて書いていきます。

一定期間内であればクーリングオフが可能!

クーリングオフという言葉を聞いた方は多いですが、どういった内容なのかは分からないという方は意外と多いです。まずはクーリングオフについて説明していきます。

クーリングオフとは、一定期間内であれば無条件に一方的な意思表示のみで契約が解除できる制度となっています。

エステサロンや脱毛サロンであれば、期間が1ヶ月金額が5万円を超えるので、「特定商取引に関する法律」に定められた「特定継続的役務提供」に該当します。

つまり、契約をした時点から8日以内であれば、クーリングオフが可能なのです。期間内であれば、すでに施術をしている場合でも適応され支払ったお金も戻ってきます。

なにかしたらアフターケア商品などをプレゼントされている場合は返品することなく、そのまま貰うことになるのです。

だたしクーリングオフをする場合には、必ず「書面で」行うことが必要です。書面はハガキ(書留郵便)でも問題ありません。

クーリングオフする前にお店に確認したほうがよい?

本契約してしまったものをキャンセルしたい場合、いきなりクーリングオフするよりもお店にキャンセルできるか確認したほうがよいのかと疑問に思う方もいるでしょう。

基本はいきなりクーリングオフをするのではなく、お店の出向いてスタッフの方にキャンセルしたいという意思を伝えましょう。会ってキャンセルしたいというのを伝えるのが難しいのであればたり、電話でも問題ありません。

良心的なお店であれば快く了承してくれるので、安心してください。

中には強引に契約を進めてきたり、契約キャンセルは出来ないと言い張ってくる場合もあるでしょう。そのような場合にはクーリングオフをすることをハガキ書いて、契約したお店の住所に送りましょう。

その際には、お店側に送るハガキの書面のコピーや書留の控えを持っていると、万が一の時でも問題なくクーリングオフを進めることができます。

クーリングオフする時のハガキの書面などは以下のサイトを参考にしてください。
参考サイト:http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.html

まとめ

脱毛というのは初回限定キャンペーンは安いですが、たくさんの部位を脱毛するとどうしても高額になってしまいます。また全身脱毛も同様のことが言えますね。

こういったクーリングオフ制度のことを知っていると、勧誘に負けて契約してしまった場合も期間内であればキャンセルができるというわけです。

ですから、初めて脱毛サロンに通う方も、そこまで不安にならずに、気軽な気持ちで脱毛サロンに通うといいでしょう。