抑毛ローションなどに含まれる「イソフラボン」は、ムダ毛を薄くするのに適した成分として注目されるようになりました。今回は、イソフラボンとホルモン、ムダ毛の関係について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

濃い体毛の原因は男性ホルモンだった!

・ムダ毛が多い
・ヒゲが濃い
・髪の毛が薄い

これらの症状に悩む人の多くは、男性ホルモンが多い傾向があるとされています。近年では働き過ぎで「オス化」する女性が増えていますが、そんな彼女たちが剛毛に悩む原因も急増した男性ホルモンによるものなのです。

オス化女子特有とも言える口周りや顎に生えている「ヒゲ」も、男性ホルモンが増え、女性ホルモンが減少した証と考えて良いでしょう。

抑毛ローションにはイソフラボンが入っている

ムダ毛とホルモンの関係に着目して開発された抑毛ローションには、女性ホルモンの増加をサポートするイソフラボンが含まれています。初めて使う際に「女性ホルモンが増えれば、男性ホルモンが減少する」と考えれば、抑毛ローションの役割も納得できることでしょう。

継続的に抑毛ローションを使っていると、次第に毛乳頭や毛母細胞の活動が抑えられるため、これまで活発だった体毛の成長が抑制されます。

イソフラボンはどんな食品に入っているの?

イソフラボンを多く含む食品は、豆腐、納豆、きな粉、豆乳などの「豆製品」です。豆製品と抑毛ローションを一緒に取り入れれば、体の内外というダブルアプローチによって、ムダ毛が生えにくい美しい素肌が手に入ることでしょう。

豆製品を食べることで月経トラブルなどの解消も期待できますので、美しくあり続けたいと考える女性には、必要不可欠な食品とされています。

疑問!イソフラボンで頭の毛は薄くならないの?

イソフラボンは「ホルモンバランスを整える」ための成分となりますので、毛に対する直接的な効果はありません。

また頭の場合は「男性ホルモンが多い方が薄毛になる」という体毛と真逆のメカニズムとなるため、イソフラボンを摂取すればするほど、イキイキとした元気な毛が生えるようになります。

まとめ

イソフラボンによって女性ホルモンが増えてくると、毛に関するさまざまな悩みが解消できると言えるでしょう。

これまでのムダ毛処理による肌トラブルも改善できますので、普段の肌ケアと同じ感覚で抑毛ローションを活用してみてください。