メイクやダイエットなどへの興味も出てくる高校生は、ムダ毛処理に関する悩みも抱える世代です。今回は、高校生のムダ毛処理事情をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

イマドキ女子高生はみんなムダ毛処理をしている

ムダ毛への悩みはどんどん低年齢化しており、近年では女子高生でも自分なりの方法で綺麗な身体を目指す時代となっています。

ドラッグストアでは「ムダ毛ジョリー」や「ケナッシー」などの自己処理アイテムも販売しているため、友達と情報交換をしながら自分に適した方法を模索するのが高校生の主流と言えそうです。

やっぱりカミソリや毛抜きがお手軽!

ムダ毛処理に投資するお金のない高校生の中では、初心者向けとも言えるカミソリや毛抜きを使った自己処理が人気となっています。

シェーバーについてもコスメランキングサイトなどに口コミが載っているため、剃りやすくダメージの少ない商品を購入するのが、高校生のムダ毛処理ジプシーと言われるようになりました。

ちょっと奮発して除毛クリームや脱毛テープ

使いきりとなってしまう除毛クリームや脱毛テープは、高校生の「スペシャルムダ毛処理」的な存在です。除毛クリームはデートや部活の大会前日に使われる傾向が高く、実際に使った感覚を口コミサイトに投稿するスタイルが人気となっています。

スマートフォン大好きとも言える女子高生は、ムダ毛に関する悩みや体験談をネットに投稿し、いろんな人と情報をシェアしながら良い商品を見つけていると言えるでしょう。

レオタードなどを着用する女子高生は脱毛サロンに通っている!?

水着やレオタードなどを着用する機会の多い女子高生は、習い事の一環として脱毛サロンに通っています。脱毛サロンの多くは保護者の同意書があれば入会OKとなっており、月額コースなどを利用すれば、高校生のお小遣いやバイト代の中で料金を支払うこともできるのです。

人気サロンのミュゼプラチナムでは、たった100円で両ワキ+Vライン脱毛のキャンペーンを実施しているため、女子高生のお財布の中で体験できる価格設定となっています。

まとめ

現代の女子高生はスマートフォンを活用してムダ毛処理の情報を交換し、自分に合ったものを追求し続けているようです。大人と比べてデリケートな高校生には、肌トラブルを防ぐためにも脱毛サロンでの施術がおすすめです。

各サロンのカウンセリングは無料で行われていますので、料金や契約に関する手続きを含めて、気軽に相談してみてください。