痛みがなく肌に傷をつけないムダ毛処理方法として人気の除毛剤ですが、ムダ毛処理ができる部分とできない部分があり使用には注意が必要です。

除毛剤の特徴について、脱毛サロンとの比較も混じえながら紹介していきます。

除毛剤が肌に与える影響は?

ムダ毛の処理方法として「剃る」「抜く」といった手法がありますが、「溶かす」のが除毛剤を使う方法です。

除毛クリームとも呼ばれるアルカリ性のクリームをムダ毛部分に塗って数分置いてムダ毛を溶かし、最後に塗ったクリームと溶けたムダ毛を付属のスポンジなどで取り除いてムダ毛を処理する方法です。

カミソリやシェーバーなどの刃物を使う必要がないので、肌に傷をつけられないモデルの中にも、撮影前などに愛用している人が多いようです。また毛抜きやワックスを使った処理方法のように、毛穴にダメージを与えることもないので、埋没毛や毛穴部分の炎症なども避けられます。

そんな除毛剤ですが、肌へのダメージが無いわけではありません。見た目には毛を溶かしているだけに見えますが、タンパク質の構造を壊すアルカリ性の薬品を肌に塗っているのですから、弱酸性の肌表面に刺激を与えています。

使用前は目立たない部分でパッチテストをして異常がないか確認して、除毛剤を塗ったあとは弱酸性のローションなどで保湿をしっかりと行い、高頻度での使用は控えたほうがよいでしょう。

除毛剤が使える場所・使えない場所

各メーカーから様々な除毛剤が販売されていますが、除毛剤には身体の部位によって使用できる部分とできない部分があります。

除毛剤によるムダ毛処理が適しているのは手足のムダ毛です。普段から露出していて外部からの刺激に強い部分であり、長く太い毛が生えているわけではないので、効率よく薬剤が働きます。

反対に除毛剤を控えたほうがよいのが、皮膚が薄くデリケートな部分です。顔やワキ、デリケートゾーンは赤くなったり、ヒリヒリしたりといった肌トラブルが起こりやすい部分なので、使用しないほうがよいでしょう。

除毛剤の中には、敏感肌用という肌に優しい種類のものがあり、ワキやビキニラインに使えるものもありますが、効果もマイルドなため、濃く太い毛に対しては効果が十分でないこともあります。

キレイを維持するには脱毛サロンがおすすめ

除毛剤は表面に出ている毛を溶かすもので、毛穴にはとどきませんから、数日たつとムダ毛はすぐに再生してきます。ムダ毛のないキレイな肌を維持するためには何度も使用しなければならない除毛剤ですが、塗布したあとに数分待つなど、他の自己処理と同じく手間と時間がかかります。

また除毛剤の主要な成分であるチオグリコール酸には独特のにおいがあり、このツンとした刺激臭が苦手に感じる人も多いでしょう。

デートの前の日など特定のイベントのために時々使うといった使い方には最適ですが、高頻度で使うなら今後薬剤にかける費用のことや肌に与えるダメージの蓄積のことも考えておきましょう。

もしくは、脱毛サロンで毛根部分からムダ毛を弱らせることで、ほとんど自己処理がいらない状態にしておくこともおすすめです。

まとめ

処理後の仕上がりに定評のある除毛剤ですが、処理できない部分や、肌に与える影響など使用する際に注意しなければならない点もあります。
脱毛サロンなども上手に利用して、全身つるすべ肌を手に入れましょう。