気温もだいぶ低くなり本格的に冬となりました。冬は肌が乾燥してしまう季節でもあるので、保湿ケアをしっかりと行う必要があります。

特に剃刀を使って処理する場合などは、乾燥し過ぎて白い粉のようなものが出てしまいどうしていいか悩んでいる方もいるかもしれませんね。肌が乾燥する季節は、どのようにしてムダ毛を処理したらいいのでしょうか?

あえてムダ毛を処理しない

寒い季節は肌を露出することも少ないので、いつもよりもムダ毛処理の回数を減らすことで乾燥肌を防ぐことができます。

ただ、服を脱いだ時に毛が伸びているのを彼氏に見られるとマズいという方は、いつも通り処理するかないでしょう。そんな方は、処理後にしっかりと保湿するようにしましょう。

剃刀で処理した後は徹底的に保湿

剃刀での処理は肌の表面にある油分なども一緒に削りとってしまいます。これが肌が乾燥してしまう原因です。

ですから、剃刀を使用して処理したのであれば、保湿クリームや乳液などでしっかりと保湿ケアをするようにしましょう。顔の洗顔と同じように、化粧水、乳液、保湿クリームとフルセットでケアしてもかまいません。

保湿をするしないでは大きな違いがでてきます。

専用の電気シェーバーを使用する

剃刀と電気シェーバーは基本、同じ仕組みでムダ毛処理をしていきますが、電気シェーバーは剃刀よりは肌への負担が少ないです。

なので冬の間は剃刀ではなく、家電量販店や通販で電気シェーバーを購入して処理するのもよいです。

脱毛サロンに通って処理する

脱毛サロンの脱毛は施術前と施術後にしっかりと肌ケアまでするのでムダ毛を脱毛するだけでなく、肌も潤いある肌へとなります。

また、1年の中でもっとも脱毛サロンの予約がとりやすいのが、この時期だといえるでしょう。暖かくなり肌を露出するようになってから脱毛サロンに通うのではなく、冬の間に通ってムダ毛を脱毛するのが本当はよいです。

まとめ

乾燥する季節のムダ毛処理は、夏よりもゆっくりと丁寧にすることが大事です。肌が弱い方は、ムダ毛処理をする回数を減らすことも検討しましょう。

もし今後、脱毛することを考えているのなら、予約の取りやすいこの季節がオススメです。ムダ毛を脱毛することで、剃刀で処理する手間をなくすことができるので、乾燥することなく肌をツルツルにすることができるというわけですね。