自己処理した後のブツブツは誰しもガッカリするものです。やはりモデルのように見た目もキレイな肌にしたいですよね。今回は自己処理後の肌トラブルを解消する方法について、詳しく解説していきます。

コンシーラーで隠す

自己処理によって生じた埋没毛に対して、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りして隠す方法を選ぶ人もいるようです。

シミやホクロ隠しにも使われるコンシーラーは、「一時的に黒ずみを消す」という策には適していると言えますが、実際は毛穴にコンシーラーが詰まれば、更なる肌トラブルや色素沈着などを起こすため注意が必要とされています。

即効性の高さではコンシーラーが便利と言えますが、本当のところは「その場しのぎ」と考えても良いレベルの対処方法と言えそうです。

抑毛ローションを塗る

自己処理によって毛穴がブツブツになってしまった人には、抑毛ローションの活用がおすすめです。抑毛ローションには肌を柔らかくする効果もあるため、真っ黒なブツブツの原因となっている埋没毛の解消も期待できます。

また毛穴の引き締めや肌トラブルにも高効果を発揮しますので、今後も自己処理を続けていく人のサポーター的な存在と考えて良いでしょう。

抑毛ローションによって毛が生えにくくなれば、ムダ毛処理の回数も減少するという好循環が生まれるため、一石二鳥と捉えて活用するひと達が増えています。

自己処理をやめて保湿に徹する

自己処理を続けている限りはブツブツがずっと生じ続けると考え、少しでも肌状態が良くなる保湿ケアに徹するようにしてください。このケアに対して「焼け石に水」と考える人もいるようですが、何もしないよりは明らかに肌質改善ができますので、ぜひ試してみてください。

ムダ毛処理の後は保湿という習慣を付けるだけでも、確実にブツブツは減少していきます。

まとめ

手軽にできる自己処理には、肌を傷つけるという難点があるとされています。あまりにも肌トラブルの悪化が続く場合は、優しい施術で定評のある光脱毛サロンを活用してみてください。

近年ではお試しコースを数百円で提供しているお店も増えてきましたので、誰でもチャレンジしすい時代となっています。また月額制のサロンを活用すれば、1ヵ月1万円前後でトラブルの少ない脱毛ができることでしょう

せっかく処理した手足のブツブツへの苦悩をしないためにも、安全かつ確実性の高い方法でムダ毛処理を進めることをおすすめします。