自分でムダ毛を処理する際に、よく起こるトラブルが埋没毛です。埋もれ毛とも呼ばれており、皮膚の下に毛が透けて見えるのに、触れなくてもどかしく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

また、色素が沈着して肌の黒ずみの原因となったりして、せっかくキレイになろうと思ってムダ毛処理したのに、逆効果になっては残念ですね。この記事では埋没毛の正しい対処方法と埋没毛を起こさせない肌ケアについて紹介しています。

埋没毛には正しい方法で対処しよう

皮膚の下で渦巻いている埋没毛を見ると、どうにかして取ってしまいたいという気持ちは分かりますが、むやみに針でつついたりすると、そこから細菌が入り赤く炎症を起こして膿んだりする危険性もあります。

実は埋没毛は放置しておくと、いつのまにか無くなってしまいます。皮膚表面は常に新しく生まれ替わっており、毛の出口を塞いでいた角質も自然にはがれてしまいます。

不要なトラブルを避けるためには放置が一番と言えるでしょう。しかし、見た目が気になる、すぐになんとかしたいという人は、正しい方法で取りのぞきましょう。

正しい埋没毛の処理方法

埋没毛の処理で最も速いのは消毒した針で埋没部分の皮膚を切開して、毛抜きで抜くという方法です。皮膚科でも行われる方法ですが、細菌が入らないよう注意しないと切開部分が炎症を起こしたりします。

また、抜くときに毛が切れてしまうと再び埋没毛が発生したりするので、自信がなければやめておいたほうがよいでしょう。

少し時間はかかりますが毛の出口を塞いでいる角質を徐々に取り除くのがリスクの少ない方法です。ボディースクラブなどで肌を優しくこすったり、市販のピーリング剤で古い角質を取り除いていくと、だんだん古い角質が取れて埋没毛が解消されるというものです。

埋没毛を起こさせないために

埋没毛を取り除く方法について紹介しましたが、放置しておく以外は、すべて皮膚表面や毛穴を多少なりとも傷つけてしまいます。ですから埋没毛は発生させないことが大切です。

埋没毛が起こる一番の原因は、やはりムダ毛の処理です。毛抜きやワックスなど毛を抜くタイプの処理方法は、毛穴を傷つけるので埋没毛が発生しやすくなります。

また、カミソリで剃る場合も、毛の流れに逆らって剃ると毛穴を広げてしまい、傷をつけたり細菌による炎症を起こしやすくなります。

埋没毛にならないムダ毛処理

自分でムダ毛処理する場合は、以下の点に注意して、肌と毛穴を傷つけないよう注意しながら行いましょう。まずムダ毛を処理する前は、ホットタオルなどを当てて処理部分を温めます。

こうすることで毛が柔らかくなって剃りやすくなり、毛穴に与えるダメージも軽減できます。ボディソープや石鹸は流れやすいので、専用のシェービングクリームを使って肌すべりをよくしましょう。

剃り終わった直後の肌は、表面を守る角質が剥がれて乾燥しやすくなっています。ローションやボディクリームなどできちんと保湿しておきましょう。

まとめ

以上のように埋没毛の対処と予防方法について紹介してきましたが、根本的な解決方法としては、剃る・抜くといったムダ毛処理をやめて、エステやサロンで脱毛するのが一番です。

自己処理に比べて費用がかかりますが、脱毛後はほとんどムダ毛処理をする必要がなく、定期的に肌を傷つける必要もありません。ムダ毛の自己処理に不安がある方は、このような脱毛も検討してみてはいかがでしょうか。