周りの友達が脱毛していると聞いて、私も脱毛をしてみようかなと今まさに考えている方もいるでしょう。脱毛は光脱毛と医療レーザー脱毛が定番の脱毛方法とされいます。

今、電車の中吊り広告やテレビCMで見る脱毛サロンは、ほとんどが光脱毛を採用しております。ただ、初めて脱毛する方からすると、光脱毛も医療レーザー脱毛も同じだと思っていることでしょう。

そこで今回は今さらない聞けない光脱毛の基礎知識をご紹介していきます。

光脱毛ってどんな仕組みで脱毛するのか?

光脱毛と聞くと名前の通り、光を使って脱毛するわけですが、光を当てただけで本当に毛が抜けるのかは疑問ですよね。

実は光脱毛と医療レーザー脱毛の仕組みは同じで、光脱毛はレーザーよりも光の照射パワーを弱めたものなのです。光脱毛で使われている光は数ある波長の光を、脱毛マシーンの中で脱毛用の波長だけを抽出して肌に当てているです。

この脱毛用の光というのは、メラニン色素に吸収されやすくなっており、光を吸収することで熱エネルギーを放出させます。簡単にいうと毛根に熱を与えるわけですね。

熱により毛の細胞の働きを衰退させ、最終的には破壊してしまうというわけです。毛の細胞組織が破壊されるわけですから、ムダ毛が生えにくくなるというわけですね。

フラッシュ脱毛・S.S.C脱毛・IPL脱毛は何が違う?

多くの脱毛サロンがありますが、広告やホームページには「フラッシュ脱毛」「S.S.C脱毛」「IPL脱毛」と書かれているので、脱毛方法が違うのかと思うかもしれませんが、呼び名が違うだけで光脱毛には変わありません。

使われている脱毛マシーンの生産国が違うだけで光脱毛で使われる特殊な光を当てる原理は変わらないのです。脱毛の名前が異なるからといって、脱毛効果が異なるといわけではないのです。

名前が違うのはオリジナル性がもてて、注目を集めることにも繋がりますからね。

IPL脱毛のIPLは一定期の感覚で光が点滅するという意味となっており、コンマ単位で光を点滅させ脱毛を行っていくわけです。IPL脱毛うはもともとデンマークで開発されたようです。

光をコンマ単位で照射させるということは、カメラのフラッシュと同じような感じなので、名前がフラッシュ脱毛になったのではないかという諸説もあります。

「フラッシュ脱毛」「S.S.C脱毛」「IPL脱毛」は内容はほぼ同じ仕組みとなっているので、どの脱毛でも同じ効果が期待できます。そこまでこの3つの脱毛でどこに行くか迷う必要もないというわけですね。

光脱毛とレーザー脱毛は何が違うのか?

「フラッシュ脱毛」「S.S.C脱毛」「IPL脱毛」が光脱毛なら、レーザー脱毛は違うのかと疑問に思いますよね。

レーザー脱毛というのは医療行為にあたるので、医療従事者しか脱毛することができないのです。光脱毛はレーザー脱毛よりも光の照射を抑えたものなので、医療行為には当たらないために、多くの脱毛サロンやエステサロンは光脱毛となっているのです。

医療行為ではないですから、レーザー脱毛よりも価格も低く設定されていますので、誰でも気軽に脱毛することができるのが特徴でもありますね。

何度もいいますが、光脱毛はレーザー脱毛よりも光の照射が弱くなるために効果もレーザー脱毛のほうが期待できます。その反面、光脱毛は照射するパワーが控えめなので、火傷などの肌トラブルが少ないです。

ただ、エステサロンや脱毛サロンは医療機関ではないですから、仮に肌が赤くなったり肌に合わないようでしたら、すぐにお店の方に相談するようにしましょう。お店側の対処がしっかりしていないとこは、通わないほうが無難ですね。

まとめ

光脱毛の基本的な仕組みや原理などを紹介しましたが、いかがでしょう?光脱毛の種類だけでなく、医療レーザー脱毛との違いも分かったかと思います。

さらに脱毛のことを深く理解することで脱毛後のケアの大切さも分かり、産毛もない綺麗な素肌になれることでしょう。

今は脱毛料金も安くなってきているので、気軽に予約してみましょう。もし、不安なら無料カウンセリングだけでも良いでしね。早速、住んでいる街の近くにある脱毛サロンを予約してみましょう。