卒業旅行や会社の慰安旅行で温泉に行くという方もいるでしょう。しかし、女性とはいえど一緒にお風呂に入るのは恥ずかしいと感じているかもしれませんね。

なぜなら、Vラインのムダ毛がボーボーで毛が太くて濃い……間違った処理をして色素沈着や埋没毛で肌が汚くなっている……人には恥ずかしくて言えない理由があるかもしれませんね。

そこで今回は人に見られてみ恥ずかしくない、Vラインのムダ毛処理についてご紹介していきます。

下着の横からハミ出る毛はどうしたらよい?

Vラインの毛が、下着の横から毛がハミ出すほど長いという方もいるでしょう。ハミ出した毛を処理するのに一番てっとり早いのがハサミで切ると処理方法です。

ここでポイントとなるのが普通のハサミではなく、スキバサミを使うということです。通常のハサミで毛を切ってしまうと、下着を脱いだ時に明らかにハサミで切ったというのがバレてしまいます。

スキバサミで毛を切る場合には、毛量を減らすことができるので不自然になることもありません。ただし、カミソリで毛を切ってしまうと先端が尖ってしまうので、下着の繊維の隙間から毛が飛び出るので、できるだけスキバサミを使うようにしましょう。

毛抜で抜くのはNG

Vラインの毛というのは、他の部位よりも毛が太く濃いことが多いです。毛抜きやピンセットを使って無理に抜いてしまうと出血してしまいます。そこから細菌などが入り赤くなったり、毛嚢炎になってしまいます。

毛抜きで抜くくらいなら、カミソリを使って処理するほうがよいです。

毛の流れに剃ってゆっくり剃る

手軽にムダ毛処理できるのが、T字カミソリです。コンビニやドラッグストアなどすぐに手に入るので、カミソリを使って処理している人は多いでしょう。

カミソリで毛を処理する場合には、クリームやジェルなどを塗って毛を柔らかくした状態にしてから剃りましょう。また毛を剃る時には毛の流れにそって剃るほうがよいです。

毛の流れとは逆の逆剃りは確かにキレイに剃れるかもしれませんが、皮膚の表面を傷つけてしまいます。何度も繰り返しているうちに肌が黒ずんできて、逆に肌が汚くなってしまいます。

カミソリを使う場合には、正しい処理方法でゆっくり丁寧に剃ることがポイントです。

ミュゼプラチナムやエピレで脱毛する

最近は両ワキだけでなくVラインも初回限定コースに含まれるようになりました。ミュゼプラチナムやエピレなんかですと、脱毛回数も無制限となっているので、満足いくまで通うことができます。

Vラインの脱毛をするのは、スタッフに見られるから恥ずかしいと感じるかもしれませんが、スタッフは女性ですし何人もの方を脱毛しています。

逆に女性だからこそ、恥ずかしい気持ちもしっているので配慮もしてくれます。慣れてくると堂々する方もいるようです。

どうしても恥ずかしいのなら……

脱毛サロンのスタッフでも毛を見られるのが恥ずかしいという方や近くに脱毛サロンがないという方は家庭用の脱毛器を使うといいでしょう。

家庭用脱毛器があればVラインだけでなく、すべての部位のムダ毛を脱毛することができます。1台あれば全身脱毛も可能というわけですね。

ただし、数万円はするものなので、ちょっとネックとなります。

まとめ

Vラインのムダ毛処理の方法は、いくつかありますが、急に旅行が決まった場合などはスキバサミやT字カミソリを使うのがベストでしょう。

今すぐではないのなら、いつでも温泉旅行に誘われてもいいよう今からVラインの脱毛を始めるのもよいですね。

ムダ毛で悩んでいては楽しいはずの旅行が憂鬱になってしまいます。しっかりと処理をして楽しい旅行にしましょう。