最近は小学生の女子もオシャレをする時代となりました。パッと見では中学生や高校生に見える女子小学生も増えております。

そんなオシャレな女子小学生もムダ毛で悩んでいる方が多いようですね。そこで今回は、小学生のムダ毛事情について紹介していきます。

小学生のムダ毛に対する意見

小学生は体育の授業中に半袖や半ズボンを着て、男子と一緒に授業を行ないます。男子よりも毛が濃いと、男子にイジられたりして恥ずかしい思いをしたという意見もあります。また、プールの事業でも同じことがいえるでしょう。

また、友達がすでにムダ毛処理をしているので、自分もムダ毛処理をしたいという意見もあります。お姉さんがいる子供は比較的にムダ毛処理をするのも早い傾向にあります。

自分で処理する場合には注意が必要

小学生が親にも相談せずにムダ毛処理をする時には、100均などでも手軽に購入できるカミソリなどを使用するはずです。

子供の肌というのは、大人の肌と比較しても弱く敏感な場合が多いです。間違った処理方法でカミソリを使ってしまうと肌に傷がついたり、傷口からバイ菌が入り赤く炎症などを起こす危険性もあります。

もちろん何も知識がないですから、処理後の肌ケアもしないことが多いです。ですから、小学生のお子さんが自分で処理を始める前に、親はしっかりと子供の相談にのってあげることが大事ですね。

親が子供のムダ毛処理を手伝ってあげる

上記でも書きましたが、小学生というのは知識がないですから、間違った処理方法でムダ毛を処理しがちです。肌トラブルになってからでは遅いので、自分の子供が毛に対してコンプレックスや悩みがないかを日頃から確認するのもよいですね。

もし、気にしているようであれば、カミソリの使い方を丁寧に教えてあげるといいでしょう。もし、心配なら処理するのを手伝ってあげるのもよいです。

子供からムダ毛の相談をされて適当にあしらうと子供は自分で処理をしてしまいますから、しっかりと相談にのってあげることが大切です。

小学生のムダ毛処理方法

1.カミソリを使っての処理する

小学生のムダ毛処理をする場合は大人同様に、専用のシェーバーやカミソリを使うようにしましょう。処理する際には専用のクリームやジェルを塗って行うようにしましょう。

毛を剃った後は、化粧水や乳液で肌ケアするのも忘れずに。

2.抑毛ローションを使用する

子供のムダ毛処理には、抑毛ローションを使用するのもよいです。抑毛ローションを肌に塗ることで、毛を薄くして生えにくくする作用があります。

薄くなるまでには時間がかかりますが、肌に負担をかけることなくムダ毛を処理できるのがメリットとなります。

抑毛ローションではなく除毛クリームもありますが、除毛クリームは肌への刺激が強いので小学生の肌には向いていないので使用は控えたほうがよいでしょう。

3.脱毛をする

最近は小学生も脱毛ができるキッズ脱毛というコースが用意されている脱毛サロンもあります。エステティックTBCやエピレでは7際以上からムダ毛を脱毛することができます。

お母さんと一緒に通って脱毛をすると割引されるプランなどもあり、今小学生でも脱毛する女子が増えているそうです。

まとめ

今は小学生も脱毛する時代となったんですね。小学生といえど女子ですから、女子力を高めたいのかもしれません。小学生が脱毛をする時代となると、ムダ毛を脱毛するのが当たり前となりつつあるようですね。

もし、あなたのお子さんがムダ毛で悩んでいるのなら、しっかりと相談にのってあげて、一緒に女子力を磨くといいかもですね。きっとお子さんも喜んでくれること間違いないでしょう。